2008年12月06日

伊坂 幸太郎 の独特な世界

通勤時間が比較的長いことと、もともと本を読むのが好きだったこともあり、
最近本をよく読むんです。

もちろん新刊も読むんですが、近頃は
学生時代に一度読んだ本をもう一度読み返したりしてるんです。

社会人6年目になった今あらためて読むと
当時感じなかったことや気づかなかったメッセージなんかが
「ずど〜ん」と胸に来ることが度々あります。

今日は「伊坂 幸太郎さんのぴかぴか(新しい)「ラッシュライフ」ぴかぴか(新しい)のご紹介をしたいと思います。

4つ+1の物語がすれ違いあったストーリー展開を繰り広げていくのですが、
エッシャーの騙し絵のような堂々巡りではないかと惑わせる構成が
実に見事な作品なんです。
実際は狂いは無く時系列に並ぶのに構成によって騙し絵のように
見えてしまうというパズルか手品でも見せられている感覚にとらわれるんです。


ラッシュライフだけでなく伊坂さんの本を読んでいると、
別世界に紛れ込んでしまった錯覚にとらわれて
すごーく不安な気持ちになることがあるのは私だけでしょうか?

私なりに理由を考えてみたんですが、
読み進めていくと
それぞれのシーンをイメージしやすくするための描写が細やかく、
ついついどんどん話に引き込まれてしまい、自分がストーリに
巻き込まれてしまう錯覚に陥ってしまっているように思います。

ちょっと日常生活から離れて本の中の登場人物のようになった
錯覚にとらわれることができる・・・
そういう世界を描ける伊坂幸太郎さんてほんと素敵だと思います。
posted by ねえさん at 23:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

仕事って何だろ?

風邪をひいてしまい、久々の更新になってしまいました。
すみません・・・あせあせ(飛び散る汗)
 
今回は、2003年に刊行された村上龍の著書
『13歳のハローワーク』を紹介します。

この本の累計発行部数は130万部で
マスコミで取り上げられたり、
学校で教材として採用されるなど
大きな話題になりました。
 
内容はタイトルの通り、514の職業
子供にもわかるように紹介している本です。

さまざまな職業を「○○が好き」という区分から
探せるようになっており、自分の好きな分野の
ページを開くとその分野に関連する職業が
それぞれ紹介されています。

インターネット上には、公式サイトがあり、
 soon
http://www.13hw.com/

 ここでも職業について調べられるほか、
その職業に就いている人に質問することもできるんです。
 
掲載する職業や、その紹介内容に関しては
著者の価値観が反映されているため、
少々偏ってはいます(笑)

ただ、村上龍本人の職業観を語るエッセイが掲載されており、
「職業は生きるための手段ではなく、生きる目的そのものである」
と述べられています。
 
最近、新卒内定者や派遣社員の処遇が問題になっていますが、
本来は楽しんで仕事をしたいですよね。
そんな事を「小さい頃から考えなくてはいけない」
そんな時代が少し悲しいですもうやだ〜(悲しい顔)


ひらめきお仕事探しの後はお部屋探しをひらめき
posted by よっしぃ at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

名作「サウンド・オブ・ミュージック」


今回は「サウンド・オブ・ミュージック」をご紹介るんるん

かなり古い映画なのですが、
私が初めて見たのは、高校生のとき、学校の授業で鑑賞しました。
始まった瞬間、物語にどんどん引き込て夢中になったのを覚えています。
私の大好きな映画の一つです。

物語は
ナチス・ドイツのオーストリア併合を背景に作られています。

修道院出身の家庭教師マリアは、
厳格なトラップ大佐の7人の子供たちに歌うことの楽しさを教え、
魅惑的な合唱団を結成。
マリアはこの厳格な父親をも理解があって暖かい人間に変えていき
二人は一緒に踊っているうちに恋に落ちる。
そして、マリアと雇い主であるトラップ大佐は結婚します。
オーストリアへのナチス侵攻を機に、音楽祭を利用して、
スイスへの亡命を果たすという内容。


ところどころに、聞いたことのある歌声が流れます。
みなさん御存じの「ドレミの歌」や「エーデルワイス」など・・・


この映画は実話をもとに作られているのです。
ぜひご覧になってください、お勧めです。






posted by よーこ at 21:34| Comment(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛ってなんだろう〜『恋は底ぢから』

今回ご紹介するのは中島らもの恋愛エッセイ集「恋は底ぢから」です本

中島らもと言えば実体験に基づいた結構きわどい話や
下ネタのようなものもあり、好き嫌いは分かれると思うのですが…
私は好きでエッセイも小説もいろいろと読みました猫

その中でもこの本には、私の人生のキーワードになるような一節がありました。

「愛とは、お互いの嫌な部分・
ダメな部分も受け入れ、
許し合っていくことである」


たしかにそうですよね。「恋」なら、相手のいいところだけ見て楽しいことして
好きっていう気持ちさえあれば成り立つのでしょう。
でも一生続く「愛」はそんなにいいことばかりじゃないんだろうな〜と
改めて実感する言葉です。

難しい本じゃないのでさらっと読めておススメです!


恋した!よし、一人暮らしだ!!HOME'S賃貸で探してみるひらめき
posted by みきてぃ at 10:42| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

クレイアニメーションがかわいい「ウォレスとグルミット」

先週、久しぶりにアニメ作品をみました!目

「ウォレスとグルミット」の

チーズ・ホリデー (A Grand Day Out) と
ウォレスとグルミット、危機一髪 (A Close Shave)

おとぼけ飼い主ウォレスのおかげで、忠犬グルミットはいつも大変!

ウォレスの吹き替え「欽ちゃん」がやっていますが、

あわせる気がないのか?!ぜんぜん動きと声があってません!!

欽ちゃん・・・・自由すぎる・・・・・。

でも、慣れると味になります・・・・・たらーっ(汗)たぶん!


2005年に公開させた劇場版長編アニメ

野菜畑で大ピンチ! (The Curse of the Wererabbit)は

なんと5年半の制作期間がかかっているとか!


その成果をみるだけでも、価値があるとおもいませんかexclamation&question


動きもかわいいし、すべて手作りのセットもみどころ


発明用の秘密の地下室
もあって、

私もあんな部屋にすみたいと思いました〜!



憧れのお部屋を探すなら・・・HOME'S賃貸

posted by いっちー at 19:12| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哀愁的東京

重松清も好きな作家の一人ですが、個人的にはこの作品が一番好きです。
主人公はフリーライターとして生計を立てている絵本作家。ある出来事がきっかけで絵本が書けなくなってしまい、何とか新作を書こうとするが上手くいかないというのがストーリー。
フリーライターの仕事で出会うのは絶頂期を過ぎたアイドル、ヒット曲を生み出せなくなった作曲家、元SMの女王など、皆人生のピークを過ぎた人ばかり。タイトル通り哀愁が漂ってきますが、そんな中にも心が温かくなるようなエピソードが含まれており、何ともいえないテイストを醸しだしています。

東京という場所にぴったりのキーワードは哀愁。意外に真実なのかもしれませんね。

※決して寂しいばかりの内容ではありませんので。
posted by にしぉ at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

【アメリ】初恋

今回は「アメリ」をご紹介。

映像がとても綺麗ですかわいい
可愛いもの好きな女子にはたまらないですよ。
小人の置物が旅に出てるシーンが大好きです。

話は、不器用な女の子が証明写真機の前で
一目ぼれしてしまう話。

不器用な上、遠まわしに自分の思いを伝えようとする
主人公。

さらに、自分より周囲の幸せの為に動く姿が愛しいー(長音記号1)

脳が恋愛脳に変化すること間違いなしです。
posted by あきあき at 21:11| Comment(67) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

女性必見!「セックス・アンド・ザ・シティ」

ちょっと前に映画にもなっていました!
「セックス・アンド・ザ・シティ」のご紹介ぴかぴか(新しい)をしたいと思います!

恋に仕事に貪欲な4人の主人公女性たちハートたち(複数ハート)が、
それぞれが異なる人生・キャリアを積み重ね歩んできた
30代〜40代のならでは?の価値観や考え方で
女性同士だから打ち明けられるの思いや悩み
なんかをある意味痛快に、そしてオープンに語ってくれる!

というドラマシリーズから見ていたので、
それが映画化になると聞いて
どんなストーリー展開になるんだろう??
って思ってましたが、ドラマでのパワフル手(グー)な4人組は顕在!
だた

人生の経験を積めば積むほど迷いが生まれるものらしい。。。
と痛感しました!
私は社会人経験6年目を迎えましたが、ホント2年目くらいで
一番楽しく・まわりがちやほやしてくれてた時期に勢い?手(チョキ)
結婚できていたなら!と思う日々です。

ピンチのときに救いの手を差し伸べて支え合う彼女たちの固い絆を
みていると私もそんな友達がほしい!と思う気持ちとあと・・・
「迷って泣いて傷ついても私も前向きに歩き続けよう」
って思える映画でした!

もちろん着せ替え人形よろしく取っ換え引っ換え300着もの衣装を
着こなしているので、そちらのファッションも見逃せない!

ということで、女性・特に20代後半〜の独身女性の方!
必見です!

posted by ねえさん at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

恋に仕事に頑張るあなたの物語「プラダを着た悪魔」

今回は「プラダを着た悪魔」をご紹介
http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/

仕事をしている女性に必見ですひらめき


ストーリーは
ジャーナリスト志願の主人公が、ひょんなことからファッション誌の編集長アシスタントへ。
多くの女性の憧れる職業だが、興味ゼロ。いずれは、
ジャーナリストへなる為と、職場へ向うが、生易しいものではなかった。
カリスマ的存在の、編集長はまさに「プラダを着た悪魔」だったのです。


鬼のような編集長に鍛えられ、
仕事はもちろんの事、ダサかった主人公が、みるみるおしゃれに変身していく姿は見もの
そして、主人公のアン・ハサウェイもとてもかわいいでするんるん


仕事をしている女性は凄いなと思わされる映画でした。
是非、皆さん見てみてください。



しかし、あんな無茶を言う上司がいたら泣いちゃいますねもうやだ〜(悲しい顔)


















posted by よーこ at 21:00| Comment(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

古き良きイタリア〜ニュー・シネマ・パラダイス

今日ご紹介するのは『ニュー・シネマ・パラダイス

映画好きな方の間ではかなり有名な世界的な名作ですグッド(上向き矢印)

映画の内容は、ほとんどがシチリア島での主人公の
幼少時代の話なので一昔前のどこか懐かしいイタリアの
暮らしを見ることが出来ます。

映画好きな少年が映画技師のおじさんと仲良くなって
どんどん映画にのめり込んでいく様子は、
見るたびにうらやましくなってしまいます。

もう一つ注目すべき点は音楽音楽
この「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽は現在でも
CMなどいろんなところで使われているので、
名前は知らなくても無意識に耳にしている人は多いと思います。

懐かしくて切なくてあたたかい気持ちになれる
永遠の名作をぜひ一度ご覧ください猫


「古き良きイタリア」的なお家に住んでみたい!
posted by みきてぃ at 00:59| Comment(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。