2009年01月04日

アヒルと鴨のコインロッカー


今回は第25回吉川英治文学新人賞となり
昨年、映画にもなったこの作品をご紹介ぴかぴか(新しい)


アヒルと鴨のコインロッカー
  
著者:伊坂 幸太郎
   発行:創元推理文庫


ひらめきこの本の情報はこちらひらめき

続きはこちら
posted by よっしぃ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

浅草寺に行きました

あけましておめでとうございますひらめきひらめきひらめき

今日、実家から帰ってきました。
初詣に行ってないこともあり、散歩がてら浅草寺へ。


行ったのはいいのですが、凄い人・人・人あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


仲見世から雷門を通り越して、道路のほうまで参拝客が並んでいる状態。
ん・・・考えた挙句、参拝を断念。
並ぶ気力が私にはありませんでした(根性無し)


参拝は後日として、おみくじだけ引いて帰ろうと、裏道から浅草寺へ。


行く途中、揚げ饅頭を買い食い〜うまい
お店がたくさんあるのでのぞくだけでも楽しいですぴかぴか(新しい)

やっとこおみくじを引いたのですが結果がなんと、でした。
私の今年って・・・。

やっぱ参拝してないのがいけなかったのかしらもうやだ〜(悲しい顔)



また後日、お参りします。


下町で部屋探し家
posted by よーこ at 20:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三谷幸喜監督のコメディ

以前に映画館で観た映画なのですが・・・

この映画をご紹介ぴかぴか(新しい)


『ザ・マジックアワー』
 
 監督:三谷幸喜
 出演:佐藤浩市・妻夫木聡・深津絵里
     西田敏行・小日向文世・寺島進
         香川照之・綾瀬はるか・唐沢寿明 ほか

  
 ひらめき映画情報はこちらひらめき




三谷幸喜監督の映画では、
「THE有頂天ホテル」や「笑いの大学」など
好きな映画が多いですが、
この作品もとても好きな映画です映画


この作品のテーマは どんっ(衝撃)勘違いどんっ(衝撃)

勘違いから始まったドラマを、
佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、
小日向文世、寺島進、香川照之などの豪華な役者達が
真剣に演じているため
そのギャップが非常に面白いでするんるん


三谷幸喜監督の作品らしい小ネタや笑いが
びっしり詰められていますが・・・

売れない役者のまじめな思いに裏打ちされた「夢」が
この物語のもう一つのテーマとしてしっかりあるので
笑いの多いこの作品をしっかりまとめているんじゃないかと思います。


お正月休みもあと僅かですが、
この映画を観て笑ってみてくださいexclamation


ひらめきお正月が終わったらこちらひらめき
posted by よっしぃ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピード感たっぷりのアニメ

お正月休みもあとわずかですねあせあせ(飛び散る汗)

今回は『スピードレーサー』をご紹介ぴかぴか(新しい)



『スピードレーサー』

 監督・脚本:ウォシャウスキー兄弟

ひらめき映画情報はこちらひらめき


続きはこちら
posted by よっしぃ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界中を旅したい!〜Love&Free

明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)
実家ですっかりリラックスのみきてぃです。
みなさまどんなお正月をお過ごしでしょうか?

今日ご紹介するのは新年にぴったり、
新しいことを始める勇気をもらえる本
高橋歩の「Love&Free」です本

高橋歩さんという方は
カフェを経営や出版社を立ち上げたり
さまざまなことをされていますが、
やはり『旅人』というのが一番の肩書だと思います。

この「Love&Free」は、筆者が奥さんと結婚した直後に
出発した世界旅行の時のフォトエッセイ集です。

これを見ていると、世界にはまだまだ
自分の知らないことがたくさんあって
もっと知らないことを知りたいなぁと感じます。

2009年、どんどん新しいことに挑戦したいですね。

みなさんにとってもいい年になりますように☆

[高橋歩さん公式サイト]
http://www.ayumu.ch/


新しい年にはあたらしいお部屋をわーい(嬉しい顔)
posted by みきてぃ at 13:50| Comment(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

お正月のスポーツ

皆さん、お正月はいかがお過ごしですか?

私は正月になると、テレビの前から離れられませんたらーっ(汗)


毎年、お正月になると定番のスポーツ大会が色々あります。


続きを読む
posted by よっしぃ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

猫にマタタビを与えてみた

明けましておめでとうございます晴れ

初詣の境内で売られていた「猫のおみあげ」マタタビ3本200円





を 


我が家の桃太郎くんに与えてみました。


DSC01873.JPG

「なんですかい?」




DSC01894.JPG

「ただの棒切れのような・・」




DSC01892.JPG

「む、なにやらよい香りが・・・」




DSC01892.JPG 

「がぶりっと!」




DSC01892.JPG 

「なんじゃこりゃーー!うめ!うっめー!」



DSC01892.JPG 

「うめ〜うめ〜・・・・う・・・・・・


DSC01873.JPG 

「お前は、いい奴や〜〜〜黒ハート

(マタタビはおなかの下にいます)


やっぱり、猫はマタタビが好き。


今年は猫と住む?(=^ェ^=) ペット可物件わんさか!

posted by いっちー at 15:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディズニー最新作!『WALL・E/ウォーリー』


今回はディズニー/ピクサーの最新作

『WALL・E/ウォーリー』 をご紹介映画 

ひらめき映画情報はこちらひらめき



劇中ではほとんど台詞らしきものはなく
音や表情や動作で感情を表現しているのは見事ぴかぴか(新しい)

ひとつひとつの動きの中から彼らの行動の意味だったり
気持ちだったりを捉えられるような感じがしました。

ウォーリーの寂しげな表情やふてくされた時のしぐさなど
とても可愛らしかったでするんるん

アニメーションのかわいさはもちろんですが、
それ以上に、テーマである「環境問題」や「愛」を
うまく伝えられている、そんな映画だと思いました。

他のピクサー作品である、「ファインディング・ニモ」や
「モンスターズインク」などともまた少し異なる、
深い意味を読み取れる作品だと思いますどんっ(衝撃)

オススメですexclamation
posted by よっしぃ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素敵な短編集

皆さん、明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

今年も皆さんにとって素敵な1年になりますようにグッド(上向き矢印)


さっそくですが、今年1発目のおすすめ本をご紹介どんっ(衝撃)



村上春樹の短篇選集、『象の消滅』ですexclamation

ひらめき本の情報はこちらひらめき




この本は、村上春樹の短編集の中から17作品を
アメリカの編集者がまとめた一冊です。

日本と異なる出版事情や、海外の編集者のチョイスや
翻訳の違いなどがあるのも非常に面白い部分です。

作者の長編小説は、長いので少々きついという方でも
この短編集なら読みやすいと思いますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

村上春樹のベスト版とも言えるので、
村上作品を読んだことがない方にももちろんおススメですグッド(上向き矢印)

タイトルにもなっている「象の消滅」
村上作品の中でも特に異色と言える「レーダーホーゼン」
結婚する妹とのやりとりを描いた「ファミリー・アフェア」
恐らく最も多くの方に好まれる作品「午後の最後の芝生」

などがおススメですexclamation


それでは皆さん、良いお正月を〜るんるん

posted by よっしぃ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

容疑者Xは献身しすぎ

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みましたー!目

いやーすごい面白かった黒ハートので映画も見たくなりました。


私、自称「つくす女」ですが、


Xの献身っぷりに度肝を抜かれましたexclamation


大体、ただのお隣さんのために「殺人の隠蔽」なんて絶対にできません;

う〜ん。なんかおかしいな・・って、なんでそこまでするのって感じで

読んでいたのですが、衝撃のラストは、感動すらおぼえますもうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに原作で柴崎コウは「男」です。

やっぱり、映画はビジュアル面を重視したのでしょうか?


いまはガリレオシリーズを読み進めているのですが、

容疑者Xの献身越えするおもしろいストーリーはないですね・・。


なので、わざわざシリーズで読まなくもいいと思います。


でも面白いのがあったらまた紹介しまーす。



posted by いっちー at 14:35| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。