2009年01月04日

アヒルと鴨のコインロッカー


今回は第25回吉川英治文学新人賞となり
昨年、映画にもなったこの作品をご紹介ぴかぴか(新しい)


アヒルと鴨のコインロッカー
  
著者:伊坂 幸太郎
   発行:創元推理文庫


ひらめきこの本の情報はこちらひらめき


大学入学のため仙台のアパートに引っ越してきた主人公は
その当日、謎めいた隣人から本屋を襲撃して
広辞苑を奪うという無茶苦茶な計画に誘われますあせあせ(飛び散る汗)


その物語と同時進行で2年前に起こった事件の物語が
交互に展開されていく、カットバック形式で物語は進みます。
徐々にそれぞれの登場人物が交わっていく。。。

そして両方の物語が少しずつ近づいて焦点を結んだとき・・・
すべての要素が一点に結びつく瞬間がたまりません。


少しずつ真相が分かってきて、最後にぴったりとパズルが
完成するような感覚で最高ですグッド(上向き矢印)


内容は少し難しいかもしれませんが、何度も読み返して
いくと、よりこの作品の魅力が伝わると思いますexclamation


あなたも主人公のように
お隣さんに誘われたらどうしますか??


ひらめきあなたも引越しをしてお隣さんを誘おうひらめき
posted by よっしぃ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。