2008年12月30日

容疑者Xは献身しすぎ

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みましたー!目

いやーすごい面白かった黒ハートので映画も見たくなりました。


私、自称「つくす女」ですが、


Xの献身っぷりに度肝を抜かれましたexclamation


大体、ただのお隣さんのために「殺人の隠蔽」なんて絶対にできません;

う〜ん。なんかおかしいな・・って、なんでそこまでするのって感じで

読んでいたのですが、衝撃のラストは、感動すらおぼえますもうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに原作で柴崎コウは「男」です。

やっぱり、映画はビジュアル面を重視したのでしょうか?


いまはガリレオシリーズを読み進めているのですが、

容疑者Xの献身越えするおもしろいストーリーはないですね・・。


なので、わざわざシリーズで読まなくもいいと思います。


でも面白いのがあったらまた紹介しまーす。



posted by いっちー at 14:35| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。