2008年12月25日

京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」

今、地道に読んでいます。

京極夏彦の「百鬼夜行シリーズ」です。

何といっても、一シリーズの本ボリュームと言ったら半端じゃありません。
電車の中で読もうものなら、腕が痛くなります。
本の厚さは、3〜5cmといったところでしょうか。
ただ、今は分冊文庫も発売されているので持ち運びはしやすいと思いますよ。

映画でも、2作品ほど、公開されてますが、
2時間に納めてしまうとなんだか物足りません。


個々の作品のタイトルには必ず妖怪の名が冠せられており、
その妖怪に関連して起こる様々な奇怪な事件を『京極堂』こと
中禅寺秋彦が「憑き物落とし」として解決する様を描いています。

おススメです。ひらめきひらめきひらめき

ちなみに今読んでるのは「鉄鼠の檻」です。


集中して本が読める、静かな部屋に住みたいな。
posted by よーこ at 21:28| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。