2008年12月24日

ワールド・オブ・ライズ

「ワールド・オブ・ライズ」見てきました。
CIAが中東のテロ組織の指導者を追う話。
最近多いストーリーですが、なかなか面白かったです。

現地で調査するのがレオナルド・ディカプリオ演じる、ロジャー・フェリス。
本土で指示を出すのがラッセル・クロウ演じる、エド・ホフマン。
2人の関係は、踊る大捜査線から信頼関係を引いたような感じです。
「嘘」がテーマですから。

見どころは2つですかね・・・

嘘つき1。
ラッセル・クロウは、この映画のために30Kg近く増量したそうですが、
見事にイラッとくるデブを演じてます。
イラッときましたから。
ただ、最後に少しほろっ・・・とくるデブになります。

嘘つき2。
そんなデブより、
この映画の見所はもう1人の嘘つき、マーク・ストロング演じるハニ・サラームです。
ヨルダン情報局の責任者・・・だったと思います。
「私と組みたければ、私に嘘をつくな」とか言って大嘘つきです。
まあ、嘘の付き方も、上のデブとは大違いでスマートで、いちいち紳士です。かっこいいです。

結局、彼の嘘が世界を救ったような感じですし・・・CIA涙目。
posted by みきてぃ at 02:50| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。