2008年12月06日

伊坂 幸太郎 の独特な世界

通勤時間が比較的長いことと、もともと本を読むのが好きだったこともあり、
最近本をよく読むんです。

もちろん新刊も読むんですが、近頃は
学生時代に一度読んだ本をもう一度読み返したりしてるんです。

社会人6年目になった今あらためて読むと
当時感じなかったことや気づかなかったメッセージなんかが
「ずど〜ん」と胸に来ることが度々あります。

今日は「伊坂 幸太郎さんのぴかぴか(新しい)「ラッシュライフ」ぴかぴか(新しい)のご紹介をしたいと思います。

4つ+1の物語がすれ違いあったストーリー展開を繰り広げていくのですが、
エッシャーの騙し絵のような堂々巡りではないかと惑わせる構成が
実に見事な作品なんです。
実際は狂いは無く時系列に並ぶのに構成によって騙し絵のように
見えてしまうというパズルか手品でも見せられている感覚にとらわれるんです。


ラッシュライフだけでなく伊坂さんの本を読んでいると、
別世界に紛れ込んでしまった錯覚にとらわれて
すごーく不安な気持ちになることがあるのは私だけでしょうか?

私なりに理由を考えてみたんですが、
読み進めていくと
それぞれのシーンをイメージしやすくするための描写が細やかく、
ついついどんどん話に引き込まれてしまい、自分がストーリに
巻き込まれてしまう錯覚に陥ってしまっているように思います。

ちょっと日常生活から離れて本の中の登場人物のようになった
錯覚にとらわれることができる・・・
そういう世界を描ける伊坂幸太郎さんてほんと素敵だと思います。
posted by ねえさん at 23:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜なのに記事ありがとうございます!

私も伊坂幸太郎大好きです。

最近は「死神の精度」よみましたー★

デビュー作の「オーデュボンの祈り」が一番好きです!おすすめですよー。

「死神の精度」映画にもなってますよね〜。

まだ見てないですが、見てみたいな〜と思っています!
Posted by いっちー at 2008年12月07日 01:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。