2008年12月04日

愛ってなんだろう〜『恋は底ぢから』

今回ご紹介するのは中島らもの恋愛エッセイ集「恋は底ぢから」です本

中島らもと言えば実体験に基づいた結構きわどい話や
下ネタのようなものもあり、好き嫌いは分かれると思うのですが…
私は好きでエッセイも小説もいろいろと読みました猫

その中でもこの本には、私の人生のキーワードになるような一節がありました。

「愛とは、お互いの嫌な部分・
ダメな部分も受け入れ、
許し合っていくことである」


たしかにそうですよね。「恋」なら、相手のいいところだけ見て楽しいことして
好きっていう気持ちさえあれば成り立つのでしょう。
でも一生続く「愛」はそんなにいいことばかりじゃないんだろうな〜と
改めて実感する言葉です。

難しい本じゃないのでさらっと読めておススメです!


恋した!よし、一人暮らしだ!!HOME'S賃貸で探してみるひらめき
posted by みきてぃ at 10:42| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。